洗濯物が部屋干しで早く乾く!室内で乾かす時間を短縮できる干し方!

公開日: : 最終更新日: 2015/06/18 季節・気候, 生活・暮らし , 約 4分

洗濯物の干し方!
「長短干し」「V字型」「アーチ型」

最も早く乾かすことのできるのは、はたして どれっ!?


洗濯物が部屋干しで早く乾く!室内で乾かす時間を短縮できる干し方!

雨の日はもちろん、
特に梅雨の時期は、部屋干しする機会も多くなります。

また、近年は ライフスタイルの変化から、
夜に洗濯して 室内に洗濯物を干す人も、増えているのではないでしょうか?

しかし、室内に洗濯物を干すことは、
部屋の結露カビの発生洗濯物の臭いなどの原因になると言われています d^^;


「乾かない部屋干しの洗濯物って、独特の臭いがして超不快 …」
梅雨の季節に気になるのが、室内に干した衣類の「部屋干し臭」

「濡れたままの状態が続くと、洗濯物の雑菌やカビは繁殖する一方!」

環境にもよりますが、部屋干し臭は、
「干してから5時間後」くらいから、臭いが発生してきます。

つまり、少しでも早く乾かすことが、
部屋干し臭を防ぐ大きなポイントとなります d^^


今回は、部屋干しで洗濯物が早く乾く干し方の紹介です♪


Sponsored Link


洗濯物を部屋干しで早く乾かす

室内干しをする場合、部屋の中では風がありません!

カーテンレールに、洗濯物を干しているのをよく見かけますが …
窓や壁際は、空気の流れが悪くて乾かないので、
室内干しのスタンドを使って、できるだけ空気が流れやすい場所に干すようにしましょう♪

部屋干しのコツは、

  • 部屋の中央に干す!
  • 風を当てる!
  • 空気の温度を上げる!
  • 除湿する! など、他にもいくつかありますね♪

「洗濯物が乾く時間」と「エアコンの除湿と除湿機の電気代」≫ 


これらと併用して、
「洗濯物の干し方」をちょっと変えるだけで、早く乾かす事が可能になります!


早く乾く洗濯物の干し方

早く乾く洗濯物の部屋干し方法!

「洗濯物同士の間隔をあけて干す」というのは、もはや常識ですよね!?

さらに、洗濯物を干す場合は、空間を確保するため、
長さや厚さの違う洗濯物を、交互に並べて干す「長短干し」が、
従来までは、「早く乾く」と言われていました。

ところが …!

現在では、
「アーチ干し」が、より早く洗濯物が乾くことがわかっています。


この「アーチ干し」の結果は、
日本繊維製品消費科学会で、2013年に発表されました。


洗濯物が早く乾く「アーチ干し」

風がないところで 空気の流れを作りたい!

そんな場合は、この「アーチ干し」!

両端に長い衣類を、中央に向かって短い衣類を吊るして、
「洗濯物の下に空間」を作ってやります。


そうすることで、空気が洗濯物の水分を吸い取って、
上昇気流が起こり、洗濯物が早く乾くようになります d^^;


洗濯物が部屋干しで早く乾く「アーチ干し」



次の3つの効果が生まれるので、「アーチ干しが早く乾く」と考えられます。

  1. 両端の長めの衣類に風が当たりやすい!

  2. アーチ下部に大きな空間があるため、風が通りやすい!

  3. 脱水後の衣類のまわりは、外気温に比べて約1℃程度低いため、
    煙突効果*に よって、アーチ下部の暖かい空気が上方向に流れ、乾燥速度が向上する!

「煙突効果」とは …

煙突の中に、外気より高温の空気がある時、
高温の空気は、低温の空気より密度が低いため、煙突内の空気に浮力が生じます。

その結果、煙突下部の空気取り入れ口から、外部の冷たい空気を、
煙突に引き入れながら、暖かい空気が上昇する現象をいいます。


「アーチ干し」で乾かす時間を短縮

「アーチ干し」によって、両側の長めの衣類や、中央の衣類も、
下の空間が空いているので、風が当たりやすくなり
他の干し方に比べ、10~20%早く乾くんです。

【洗濯物の干し方と乾燥時間】
アーチ干し 4時間
V字干し 4時間30分
長短干し 4時間30分


ライオン(株)の実験では、
それまで、早く乾くと言われていた「長短干し」や「V字干し」より、
時間にして、「15分~30分早く乾く」という結果となっています。


Sponsored Link

洗濯物を部屋干しで早く乾かす「まとめ」

もう少しだけ、気を遣えば、
さらに効率的に、洗濯物を乾かすことができます!

最後に、
「部屋干しのまとめ」として、確認しておきましょう♪

  • 外側に長い衣類、内側に向かって短い衣類を干す「アーチ干し」にする!
  • 洗濯物の間隔を、10cm以上あけて干す!
  • 厚手の衣類を外側に、薄手の衣類を内側に干す!
  • 綿などの乾きにくい素材を外側に、化繊などの乾きやすい素材を内側に干す!
  • 乾いたものから取り外し、空間を作っていく!
  • 途中で上下を入れ替えて、さらに乾きやすくする!


例えば、

  • 乾きやすい洗濯物は「針金ハンガー」に …
  • 綿シャツは「分厚いハンガー」に …
  • トレーナーは「丸いハンガー」に逆さ吊り … など

洗濯物によって、ハンガーを使い分けるのも効果的ですね♪


特に梅雨時など、
部屋の湿度が高くて、扇風機を使用しても充分乾かない場合は …

  • エアコンや除湿機で室内の除湿を行う
  • 衣類乾燥機などで洗濯物を乾燥する
  • 洗濯物にアイロンをかけて乾かす  などが効率的です。


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2015/06/18 季節・気候, 生活・暮らし ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑