蚊に刺された時の対処法!予防法は?痒くなる原因は?

公開日: : 最終更新日: 2015/05/15 健康・医療, 季節・気候 , , 約 4分

蚊に刺されて、
あまりの痒さで、イライラする事ってないですか?


おそらく、誰にでもある経験ですよね!

蚊が飛んでいるのが見えたり、
蚊が飛ぶ音が聞こえるだけでも、
「キーッ!」ってなっちゃいますよねっ (T_T)

そんな時のための、
『蚊に刺されないための予防法』と、
蚊に刺された場合の対処法で、刺された後も、スッキリしましょう w


Sponsored Link


蚊に刺されて痒くなる原因

そもそも、
「蚊に刺されたら、どうして痒くなるのか?!」

この原因が理解できていれば、
「刺された時の対処が、あっているのか?」が わかりますよね d^^


蚊がとまって、血を吸っているのを、
見たことがあると思います。

蚊が血を吸う時って、ストローの様な管を刺して吸ってますよね。
この時に出す液体に反応して、痒くなるんです。

いわゆる 一種の「アレルギー反応」ですね!


やたらと痒くなった事や、
腫れたりする事が、たまにありますせんか?

それは、免疫のない蚊に刺されたって事です。

体が反応して痒みがでるので、ある程度 免疫ができますが、
1年も経てば、免疫は薄くなってしまうらしいです。


蚊に刺された時の対処法

蚊に刺された時の対処法

蚊に刺された場合は、当然、
「市販の虫刺されや、痒み止めを塗る」のが基本ですが …

時間が経過してからでは、
薬を塗っても、あまり効果がない場合も多いんです。


どこの家庭でも、大抵の場合は、
痒み止めや、虫刺されの薬はあると思います。

家の中で蚊に刺された場合
ほとんどの人は、まず薬を塗りますよね!

でも、
外出先で蚊に刺された場合は、どうでしょう?

常に薬を持ち歩いてる人のほうが、少ないのでは!?


身近なもので対処する

そんな時のための、
身近なもので対処する方法を、みてみましょう♪

  • かゆみがひどい時は、刺された患部を濡れタオルでで冷やす!
    (保冷剤などで、直接冷やすのはNG!)

  • 蚊に刺された直後なら、
    火傷しない程度の熱さ(40~50℃)のモノを、患部に当てる!

  • 石鹸で洗うか、石鹸水を刺された患部に塗る!

  • 塩水に浸すか、極少量の塩で刺された患部を揉む!


刺された患部は弱酸性になるので、弱アルカリ性で中和させます。



「爪で×(バッテン)をつけると痒みが治まる!」
ってよく聞きますが、これはNGです!

患部に傷がつくと、治りが遅くなるので、
当然、
掻きむしったりするのも、ダメですよね。


Sponsored Link

蚊に刺されないための予防法

蚊に刺されないための予防法

「蚊に刺された時の対処」も重要ですが、
同様に、「蚊に刺されない事」も大事です。

防御(予防)ができれば、
刺された時の対処は、必要なくなりますからね♪

蚊に刺されないための予防法として、
「蚊取り線香や、虫除けスプレーを使用する」のは当然です!

「蚊に刺されて、痒み止め薬を塗る」ぐらいの王道ですね♪


でも、
薬と同様に、常に携帯している訳ではありません。


そんな場合、どうしたらいいのか?!

そうです!
対応するためには、
「原因」つまり、「蚊の性質」を知る必要がありますよね♪

蚊が反応して集まるのは …

  • 「汗」
  • 「体温」
  • 呼吸して出る「二酸化炭素」
  • 「濃い色」や「暗い場所」


飲酒すると、蚊に刺されやすくなるのは、
体温が上がり、吐く息の二酸化炭素も増加するためなんです♪


なので、

予防法として効果があるのは、

  • 体温の上昇を避ける!
  • 体を清潔に保つ!(汗をかいたらこまめに拭く)
  • 飲酒を避ける!
  • 明るい色の服を着る! などです。



ということなので、

逆に、
「運動・飲酒して代謝がよくなり、汗をかいた黒い服の人」
は、最強に蚊に刺されやすいって事になりますねっ w


あと、二酸化炭素を出さないために、
「息を吸ったら吐かない!」
「呼吸しない!」って方法もありますが、不可能ですよね♪

でも、
「蚊の気配を感じた時に、しばらく呼吸を止めている!」
程度なら、充分可能で効果あるかも d^^)


あっ!
「肌の露出を減らすこと!」や、
「水まわりに近づかないこと!」は、当然 効果的ですよねっ!

管理人の場合、
アロマオイルを、小瓶に入れて携帯してますよ♪

  • シトロネラ
  • ゼラニウム
  • レモングラス
  • ユーカリ
  • ミント
  • ラベンダーなどが、効果的ですよ♪


Sponsored Link

公開日: : 最終更新日: 2015/05/15 健康・医療, 季節・気候 , ,

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑