やけどの水ぶくれの処置は!?潰すのか?潰さないのか?!

公開日: : 健康・医療 約 4分

「やけどの水ぶくれは、潰してはいけない!」

「やけどの水ぶくれは、潰さないといけない!」

だから … ホントはどっちなのっ!?

やけどの処置「破れないために、水ぶくれを潰す!」


先日の、
「指が燃えて、やけどをしてしまった(汗)」って話の続き。d^^;

唖然としながら、とりあえず水で冷やした … と、
応急処置についてまでは、前回お伝えしました。

≫ やけどをしたときの対処「応急処置での注意点」 

とにかく、指全体がヒリヒリ痛くて、
いったい どこをやけどしたんだか、サッパリわからない!

暫くすると、関節部分に水ぶくれができてきました。

「そぉか、ここが1番酷かったのねっ!」(笑)


さて、水ぶくれはどうすればいいんだっけ!?

調べてみても、
水ぶくれの処置は、いろいろな見解がある様です。

今回は、
やけどで水ぶくれができた時の処置について、
備忘録も兼ねて まとめてみたので、シェアしたいと思います♪


Sponsored Link


やけどの水ぶくれ

やけどを負ってしまった場合、数時間から数日経過すると、
患部に、水ぶくれ(水泡)ができることがあります。

「水ぶくれ(水泡)ができている」ということは、
2度の深さのやけどを負っています。


えっ?そうなのっ!?


やけどの深さ

やけどの深さは …

  • 1度熱傷は、皮膚が赤くなっていて、水ぶくれはない!
  • 2度熱傷は、真皮がダメージを受けて、水ぶくれができている!
  • 3度熱傷は、皮下組織にまで達して、皮膚が黒く焦げていたり、白っぽくなっている!


はい、
完全に「2度熱傷」ですねっ! d^^;


やけどで水ぶくれができた時の処置

やけどでできた「水ぶくれ」は、
「潰したほうが良い!」と思っている人も、少なくないと思います。

ところが、
水ぶくれは、患部を保護する働きがあるので、
くれぐれも、破れないように注意する必要があります!

ですので、水ぶくれは、
気になっても、病院へ行く前に破らない様に気をつけましょう♪


その前に、自己判断で 軟膏や消毒薬を使用したり、
アロエが効くと言って、ちぎったアロエの葉っぱを塗ったりすると、
症状が悪化することもあるので、かえって逆効果となってしまいます。


やけどの水ぶくれの処置は!?潰すの?潰さないの?

やけどの湿潤治療

とにかく、
「水ぶくれは 破らないこと!」


医師の間でも、様々な見解がある様ですが …

最近では、患部を乾燥させるのではなく、
「できるだけ湿潤に保つ療法」が主流になっている様です。


水ぶくれは、患部を保護するとともに、
湿潤に保つ役割をしているので、絶対に破かないようにしましょう!


やけどで水ぶくれができた時の処置



「水ぶくれは、潰してもいいが 破らない!」

正確には、
『破れてしまわないために、水ぶくれを潰す!』


そうなんです。

水ぶくれが破れそうな時には、
潰して(水を出して)、「破れてしまうことを回避」するんです!

【水ぶくれが破れてしまった場合は …】

もしも、
水ぶくれが破れてしまった場合は、水で洗い流して 清潔にするようにしましょう!

「ワセリンを塗って、サランラップで巻く」という湿潤療法が、
いちばん安全で、おすすめの治療法です。



万が一、水ぶくれが酷いようであれば、
なるべく病院へ行って、診断してもらうようにしてください。

自己判断で薬を塗ったり、ガーゼで覆ったりすると、
新しい皮膚が破れてしまったり
患部に、ガーゼがくっついてしまうことがあります。


傷が悪化してしまうことは もちろん、
ばい菌が入って、別の感染症を引き起こす原因にもなりかねません。


Sponsored Link

やけどで水ぶくれができた時の処置「さいごに」

水ぶくれができるやけどの場合、
「2度熱傷」だということは、上述でも説明しましたね。

実は厄介なことに、この2度熱傷は、
やけどの程度によって、さらに「浅達性2度熱傷」「深達性2度熱傷」があるんです。

  • 「浅達性2度熱傷」は、強い痛みがあり、
    赤く腫れて 水ぶくれが生じ、表皮基底層にまで損傷が及びます。

    治療後にしっかりケアをしないと、やけど跡が残る場合があります。

  • 「深達性2度熱傷」は、赤く腫れて 水ぶくれができ、
    真皮深層まで損傷が及びますが、痛みはあまりありません。

    しかし、水ぶくれの下の皮膚が、白く変色していき、
    やけど跡が残りやすいのが特徴です。

≫ やけどの深さと種類 

どちらの場合も、
水ぶくれができるのは、同じなんですが、
この様に、やけどの深さに違いがあるんです!

幸い、浅達性2度熱傷の場合なら、
適切な治療とケアを行えば、やけどの痕が残らずに済む可能性だってあります。


やけどの痕を残さないためにも、
水ぶくれができてしまった場合や、水ぶくれが潰れてしまった場合は、
「適切な治療」を受けることをオススメします。



最後に、もう一度言っておきますねっ♪

「水ぶくれは、潰してもいいが破らない!」
『破れてしまわないために、水ぶくれを潰す!』 以上。 お大事に …


Sponsored Link

公開日: : 健康・医療

    お疲れさまでした。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    タメになったら、シェアしてください。 めっちゃテンション上がります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • LINEで送る
Sponsored Link

あわせて読みたい関連記事


この記事を読んだ人は こんな記事も読んでいます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑